受けルガチアンチ

ポケモンバトルにエンタメを

【ポケモン剣盾番外編】自分メガサーナイト使っていースか?

 

 どうも。

 ついこの間登場したばかりですが、今回はサーナイトを用いたコンボについて書きました。

★本日のおしながき

趣旨説明

 夏休み特別企画として「10年(以上)選手がカジュアルバトルでガチ対戦してみた」と銘打って記事を投稿する。

 合計3本の投稿を予定していて「カジュアルならではの幻ポケモンを使った対戦」「ランクマでは通用しなかった戦術を使った対戦」「カジュアルでしかできない戦術を使った対戦」の3つのテーマを準備した。

 

 今回は「ランクマでは通用しなかった戦術を使った対戦」ということで、とてもではないが真剣勝負で扱うにはコスパが悪すぎる戦術を用いた対戦をお送りする。

 

戦術解説

 変幻自在のトレース+スキルスワップ戦術で合法的にメガサーナイトを剣盾環境で使うことを目指す。原理としては先日投稿した「2倍サーナイト*1」と全く同じで、何の特性を移すかという点が異なるのみ。

 これ以外にどういう場面で使うことを意図して習得可能にしたのかよくわからないニンフィアスキルスワップを用いて相手のポケモンを経由することにより、通常のサーナイトでは持ちえないフェアリースキンを移植することで(実質)メガサーナイトとする

※*1:【ポケモン剣盾シングル】害悪2倍サーナイト - 受けルガチアンチ

 

 特性をフェアリースキンにすることで確かにメガサーナイトに寄せることはできるが、メガシンカの恩恵は種族値の向上という面もあるので完全再現をするのは現実的な問題として難しい第8世代ならではのメガサーナイトの利点を探すと(1)アイテムがメガストーンで縛られなくなるので戦略の幅が広がる(2)なによりダイマックスできるという2点に集約される。

 (1)についてはメガサーナイトのメイン火力となるハイパーボイス(威力90*補正1.2)と相性の良いのどスプレーとの組み合わせが考えられる。実際にはただのサーナイトなので種族値の向上はなく、この戦術においてはのどスプレー一択だと考えている。

 もしくは、素で高いDを生かすとつげきチョッキも無くはないが、これで誰を相手にするのか考えたときに具体名が挙がらない。そもそもこれならニンフィアの方が向いているので、このサーナイトでやるべきことではない。

 (2)についてはサーナイトにDMを使用するのは勿体ないので推奨できないが、はかいこうせんを元にして150打点のダイフェアリーを撃てる希少なポケモンというだけ。

 前回はシンプルビームからたんじゅんを移し、かげぶんしんめいそうで能力上昇を得てから攻撃するデザインだったので遂行速度が著しく遅かったが、対面さえ良ければフェアリースキンハイパーボイスで火力を出しつつ、のどスプレーで次の火力を上げる動きができるので即効性という点に関しては2倍サーナイトよりも上。

 臆病CS、特性はコンセプト通りトレース。

 はかいこうせんの枠はめいそうにしてもいいと思う。

 2倍サーナイトで登場したネギガナイトと同じ理論で育成した。

 (こらえる+)イバンのみ+スキルスワップでスムーズに退場したいので耐久には振らずに臆病CS、攻撃範囲はサーナイトと丸被りなのであくびなどを入れてサポート性能を伸ばしてもいいかもしれない。

 

実戦レポート

 ランクマでは全く勝てなかったのでカジュアルバトルで実践した。対戦の質は著しく低下するが雰囲気を楽しんでいただけたら。

 解説する試合のパーティと選出。

 お相手氏のパーティは色合いもビジュアルもすごくいい。

 戦術解説では触れなかったが、サーナイトは(現環境だと)Sが低いうえに耐久力に信頼を置けないので、Sをサポートするためにデンチュラを用意した。

 ニンフィアを経由して(実質)メガサーナイト爆誕

 デンチュラでS操作を施しているのでサーナイトが先攻できる、レックウザは対面相性が悪いのでリザードンやレシラムに引かれる可能性も考慮したが、とりあえず火力を上げたいのでハイパーボイスを選択した。

 お相手氏のパーティだとサーナイトと比較的相性のいいリザードンが出てこなかったので、サンダーでDMしてくることを想定してこちらもDM。

 DMをしてこなかったが、してきてもいいように最大火力である150打点の方のダイフェアリーでサンダーを撃破。サーナイトが先攻したのでHBか。

 リザードンいるなら先出しでは、と思いつつ撃破。

 さすがに一撃では倒せなかったが、サーナイトはDがそこそこ高いのでリザードンの攻撃を受けつつDM対決を制して勝ち。

 解説する試合のパーティと選出。

 剣盾初期環境のようないいパーティ。アーマーガアバンバドロあたりが重そうなので自演マーシャドーコンボではなくメガサーナイトコンボ選出。そこまで早いポケモンがいなかったのでデンチュラは選出せず。

 (実質)メガシンカ完了。

 アーマーガアニンフィアサーナイトのマジカルフレイムで焼いた。

 のどスプレーでCを上げて177*1.5で265、特化メガサーナイトのC238を上回る。

 相手のギャラドスが特殊型でハイドロポンプを外したので無傷で突破、サーナイトが先攻できたことから恐らく火力が足らないので特化していると推察できる。

 竜舞してくる型だった場合は多分負けていた。

 最も相性の悪いオノノクスを残しておいてDMするということは襷持ちであることを考えたが、すんなりと倒すことができた。

 お相手氏がアーマーガアにDMを使用して序盤にコンボを断ち切る、遅くともギャラドスにDMを使用していた場合は分からなかったと思う。

 

反省点

 元々はニンフィアを使った別のコンボをランクマで試していて、そちらが不調に終わったので「せっかくニンフィア育成したし…」みたいな感じでこのコンボを試した。

 マスボ級の最下層、20,000位台でも勝ちたい、少しでもいい順位で終えたいという勝利への執念を忘れない立派なプレイヤーがたくさんいるので、いくら最下層といえどもこのコンボで勝つのは無理だった。それどころかサーナイトが(実質)メガシンカして出落ちするザシアンに斬り捨てられるという事故が多発したので流石の筆者も匙を投げた次第だ。

 このコンボの問題点として(1)フェアリー同士のスワップトレースなのでとにかく二度手間でやる意味がない(2)ランクマ準拠の場合はサーナイトだとバリュー不足であることが挙げられる。

 (1)については「メガサーナイトを作ろう」という企画でなければ、そもそもフェアリースキンハイパーボイスができるニンフィアで十分なので、正常な判断ができれば誰もやらない(やる必要がない)戦術といえる。

 (2)については火力、耐久、Sのラインが全て禁伝準拠となる環境において「一般ポケモンの中ではまぁまぁ数字が高い」程度のサーナイトでは数字が足りない。これはちょっとでもポケモン対戦を齧っていれば誰でも分かる、実戦をする前から分かる。

 

 こういっては失礼だが、カジュアルバトルというのは大きく分けて「旅パの外国人」「ランクマ準拠のパーティで初心者狩りをする人」「ガチでカジュアルに遊びたい人」の3パターンに分かれていると思っていて、普段ランクマで遊んでいるとシンプルにプレイングが甘いと感じることが多い。

 新しく組んだ戦術がきちんと動作するか確認のためにカジュアルで試してからランクマに行くことがあるが、カジュアルでは無双するけれどランクマに行くと10戦やっても取れ高のない戦術が多々あり、マスボ級最下層どころかハイパーボール級の方がレベルが高いまである。

 今回のメガサーナイトもその例のひとつで、ランクマでは全く勝てなかったがカジュアルバトルでは無双するという典型的な内弁慶戦術だった。

 

おわりに

 個人的にサーナイトは色違いの方が好きなので、剣盾で使ったサーナイトはすべてBWで使っていた個体をその都度魔改造して使い回しています。本当は繁体字サーナイトも欲しいんですが、頻繁に使うポケモンでもないのに色違いを粘る根気も無いので、使い古した(他意はない)サーナイトに今なお頑張ってもらっています。

 今だと個体さえ確保できれば努力値リセット、性格変更ミント、特性カプセル(通常と夢は不可逆だけど)で何度でも使い回せるので本当に便利になったなと。剣盾以前だと「調整の違う同じポケモン」がたくさんいたことって皆さんもあると思います。

 筆者の場合は例えば化身ボルトロスハッサムあたりはBWのときに何体も育成しましたね。カイリューウルガモスギャラドスあたりの積みアタッカーも耐久振りとか何とかでたくさんいたし、3つの特性が全て有用なローブシンは多くのプレイヤーが何体も育成したのでは。少しずつ新情報が出てきていますが、第9世代ではどんな育成環境になるのか楽しみであり、正直不安の方が強いかもしれないです。

 

 それでは今回はこのへんで。何かありましたらコメント欄かTwitterにお願いします。

 TwitterMなか (@Mnaka_udn0525) / Twitter

 アーカイブはこちら→【まとめ】ポケモン名別戦術記事一覧 - 受けルガチアンチ