受けルガチアンチ

ポケモンバトルにエンタメを

【ポケモン剣盾シングル】害悪2倍サーナイト

 

 どうも。

 今回は久しぶりにサーナイトを用いたコンボについて書きました。

★本日のおしながき

2倍サーナイト

 今回の内容は前回投稿した「3倍ポリゴン2*1の応用系であり、シンプルビームを使って相手の特性をたんじゅんに書き換え、トレース持ちのポケモンでコピーしようというものである。

 3倍ポリゴン2の場合は能力上昇がやや受動的な部分があったが、ポリゴン2と違って強力な積み技を習得するサーナイトならではの、能動的に強化できる部分を生かしたコンボを目指す。原理は同じでも最終盤面は全く異なるので、とりあえずやってみようと考えた次第だ。

※*1:【ポケモン剣盾シングル】赤い彗星・3倍ポリゴン2 - 受けルガチアンチ

 

戦術紹介

 サーナイトめいそうかげぶんしんをレベル技として習得できる。攻守連動した積み技であるめいそうと、回避率を上げることで無限の勝ち筋を生み出すかげぶんしんを特性たんじゅんにして使うことで爆発的な能力上昇を得るのが今回の狙いとなる。

 原理は前回と同じだが変更点としてシンプルビーム要員を途中からネギガナイトに変更した。というのも、ラティオスはSが遅くはないが(現環境だと)速くもないので行動保証にきあいのタスキを持たせたくなる場面が多く、倒されてスムーズに後続へ繋ぎたい場面でロスが生じた。襷がなければシンプルビームを使うことができず、そもそも戦術がスタートしないというどっちつかずなデザインになってしまった。

 そこで、(こらえる+)イバンのみ+シンプルビームで確実に相手より先に動き、そのターンに倒されやすい方法でコンボの始動要員になれるネギガナイトを準備した。ラティオスがアタッカーで一線級だったのは過去の話であり、今は豊富な補助技でサポートに回ることも多いので、よりアタッカーに見えてシンプルビームを警戒されにくいネギガナイトから始動する。

 まずシンプルビームで相手の特性を変えてコピーするところから始まるので戦術の遂行速度は遅いが、サーナイトに繋げばめいそうで毎ターンCとDが2段階ずつ上昇する即効性があり、過去作ではほぼすべてのポケモンが使えたかげぶんしんを剣盾でも継続して使用できる限られたポケモンなので、その点はサーナイトの個性であり3倍ポリゴン2との差別化につながる。

 めいそうをベースにするので耐久振りでもいいがシンプルなCS振りにして使った。このサーナイトは過去作から連れてきた6V個体だが、イカサマが等倍なのでできればA個体値は低い方がいい

 アイテムは戦術の遂行を阻害しなければ何でもいいが、オボンのみひかりのこなで使用した。ドレインキッスの回復量を上げるおおきなねっこや、リジェネ効果を付与するたべのこしでもよいと思う。

 技に関しては能力上昇と好相性のアシストパワーも考慮したが、無効タイプがあるので一致技はドレインキッス、役割破壊でマジカルフレイムを採用した。

 耐久が過剰になると良くないのでAS振り(Aは特化)、本当はHBDの個体値を落とすべきで、それができる育成環境があるが面倒だったので今回はやらなかった。実際に使用してみて耐久が過剰に感じることはなかったので、個体値を0にして性格で下降補正を掛ける必要はないと思う。

 

実戦レポート

 選出画面のスクショを撮り忘れた。こちらはサーナイトのSをサポートするデンチュラ、コンボの始動要員であるラテイオス、本命のサーナイト。このあと途中経過のスクショを貼るのでパーティはそこで確認してほしい。

 デンチュラは襷持ちなので初手でんじは、初手DMしたカイオーガが痺れて動けなかった。次のターンにねばねばネットを撒いてカイオーガダイアイス。なぜデンチュラに初手からDMをするのか分からなかったが、ダイアイスで襷を貫通しようという意図か。

 ラティオスシンプルビームを使用してカイオーガのダイアイスで倒されたらオーケーという場面でまたも麻痺。カイオーガは火力が馬鹿にならないのでおきみやげで退場。

 まずコンボの第一段階をクリアーした。

 シンプルビームを訝しんで交代することを考えるとおきみやげは短絡的な択だったと思うが、結果的にカイオーガに強烈なデバフを与えつつたんじゅんサーナイトを作ることに成功。

 C-4なのでカイオーガは絶対引くと確信して、何が出てきても可能性を残せるようにかげぶんしんから積んだ。それでもカイオーガが居座るのでやりたい放題やらせてもらった。

 パーティはこんな感じ。

 カイオーガを倒してイベルタルが出てきた。めいそうは3積みできているのでイベルの火力でも問題はないが、物理型も一定数存在するのでここから負けることも大いにあり得る。

 あくのはどうを躱してイベルタル撃破。

 物理型やそうでなくてもふいうちを警戒するならDMして耐久力を上げるべきだったので、ここは能力上昇を過信した軽率なプレーだったと反省している。

 最後の一体はエースバーン

 スカーフ持ちだったのでねばねばネットのS-1と相殺して先攻を許した。このエースバーンがダストシュート持ちで攻撃が当たっていたら、ここまでやって負けていた可能性が大いにある。

 勝ち。クソ害悪戦術に最後まで付き合って決着がつくまで対戦をしてくれたお相手氏に感謝とリスペクトを送りたい。

 この試合はデンチュラの襷をやや意識した初手DMと、早い段階でカイオーガが引かなかったことがかなり有利に働き、やりたい放題できたのでもう一試合。

 解説する試合のパーティと選出。

 1戦目からの大きな変更点は(1)デンチュラダストダスの記事で使用した2ウェポン個体に変更、(2)シンプルビーム要員がラティオスからネギガナイトに変更したところ。

 相手の禁伝2体+パーティ全体にサーナイトが刺さっているのでコンボ選出。

 互いに初手デンチュラねばねばネットいとをはくの応酬。膠着状態が続いたので思い切ってネギガナイトにスイッチしてシンプルビームからコンボスタート。

 デンチュラを起点に着々と積んだ。

 互いにねばねばネットを設置しているので、あまり悠長していると隙を見てゼクロムを無傷で着地、DMで切り返しという結末が見える。頃合いを見てドレインキッスを押したらイベルタルの着地に合って神読(しんどく)をしてしまったようになった。

 実際には選出されていなかったゼクロムの圧に怯え、1戦目のようにゴリゴリに積むことはできなかったが、各ステータスが4段階ずつ上がっているので申し分ない。

 この試合は相手がまだDMを残しているので、(ゼクロムがいた場合は)回避率を上げても実はそんなに意味がない。

 恐らくこちらのザシアンを見るために選出したであろうアーマーガアがDM、こういうときのためにマジカルフレイム(ダイバーン)を採用しておいてよかった。

 最後に残ったデンチュラも倒して勝ち。

 この試合のポイントはゼクロムマニューラという一番してほしくない選出を回避できたことが最大のアドバンテージだったといえる。相手の選出を見るとデンチュラでS操作をしてからイベルを通す、ザシアンとの不意の鉢合わせに対応するためアーマーガアを含めたという意図が伝わるので、ザシアンの選出誘導力に救われたと言っても過言ではない。

 

反省点

 結局「DMターンをどうしのぐか」という問題に直面するので、現行のルールで回避率を上げる戦術はそこまで強くない。今回解説した試合は1戦目が相手の初手DMに救われて、2戦目は本来DMをさせたいポケモンが出落ちするという展開に恵まれたから勝てた側面が強い。

 また、現環境だと遅い方に分類されるサーナイトのSをサポートするためにデンチュラを採用しているので、コンボ選出をすると3体フルに使ってしまう。3倍ポリゴン2のように自由枠をひとつ設けることができないので、サーナイトは全抜きしなければいけないという呪われた宿命を背負う。

 

 これまでのトレース系戦術は(1)それなりに使用率の高いポケモンにメタを絞る(2)スキルスワップさまようたましいで移したい特性をコントロールするという手法を採ってきたが、ここにきてシンプルビームという境地を開拓できたことは評価したい。

※参考

(1)系の記事

【ポケモン剣盾シングル】風船ポリゴン2 - 受けルガチアンチ

【ポケモン剣盾シングル】闇のコンボ 他力本願ムラっけポリゴン2 - 受けルガチアンチ

(2)系の記事

【ポケモン剣盾シングル】もふもふポリゴン2 - 受けルガチアンチ

【ポケモン剣盾シングル】悪戯心ポリゴン2&ビーストブーストサーナイト・スキルスワップ構築 - 受けルガチアンチ(かなり古い) 

 

おわりに

 今回でS32のランクマ記事は終わりになります。シーズン終盤はほとんど潜っていなくて、代わりにカジュアルバトルで遊んでいました。

 ということで次回からは「夏休み特別編!10年(以上)選手がカジュアルバトルでガチ対戦してみた」をお送りいたします。ランクマでは実現できなかったコンボ戦術、カジュアルならではの対戦など合計3本の記事を予定しておりますので、軽い読み物としてお楽しみいただければと思います。

 

 それでは今回はこのへんで。何かありましたらコメント欄かTwitterにお願いします。

 Twitter【まとめ】ポケモン名別戦術記事一覧 - 受けルガチアンチ

 アーカイブはこちら→【まとめ】ポケモン名別戦術記事一覧 - 受けルガチアンチ