受けルガチアンチ

ポケモンバトルにエンタメを

【ポケモン剣盾シングル】MAXパワーケンタロス 怒りのデスロード

 

 どうも。

 今回はケンタロスについて。

★本日のおしながき

偶然の出逢い

 先日、ダイマックスアドベンチャーを周回していたらケンタロスを捕まえた。

 ダイアドで捕獲したポケモンから着想を得ることはこれまでもあって、そういう意味で出会ったポケモンは悉く捕獲しているとケンタロスが輝いて見えた(色違いという意味ではない)。

 

 ケンタロスというと高い素早さから一致はかいこうせんを使えるのでニンテンドウカップ97では殆どのパーティに採用されており、調べてみたところ12/15のパーティに入っていた。

 当時の筆者は対戦のいろはなど全く知らなかったが、この頃からガチ対戦をしていた諸先輩方は我々の大先輩に当たる。自分の年齢を考えると現在だと40代くらいになる方もいるのではないだろうか。

 話は逸れてしまったが、最近すっかり影が薄くなってしまったケンタロスでも使ってみるかというところからスタートした。

 

ケンタロスをどう生かすか

 では、ケンタロスをどのように使うのか。

 151匹しかポケモンがいなかった頃とは事情が全く異なり、禁伝ポケモンもランクマに参加する時代に於いてA100、S110は並どころか物足りなさすら感じる。真っ当なAS型で使っていては何かの劣化にしかならないので、ひと工夫が必要である。

 特性を生かすのであれば、いかくとそこそこ高いB種族値(95)を組み合わせた物理受けを考えるも、高速回復技が無いので単なる対面の誤魔化しにしかならない。ちからずくで特殊ベースにした過去の再現にしろ、特殊ガブリアスの方がまだマシというレベルである。

 

 ケンタロスならでは、ということを考えると上記ふたつはいずれも何かの劣化レベルで今の環境に耐えうるスペックは無い。どうしたものかと考えていると、捕獲した個体は特性がいかりのつぼだった。

 これはダブルバトルで隣のポケモンこおりのいぶきなどを当ててもらって発動するのがメジャーなので、シングルバトルだと使いにくい……というのは既存の概念に囚われた発想ではないか。今なら対戦環境に最もメジャーな確定急所技使いがいるではないかと気が付き、いかりのつぼケンタロスならではのムーブを目指した。

 

戦術紹介

 今回用いるケンタロスは自分でパワーを上げることができないので、三者にパワーを引き出してもらう必要がある

 詳しくは後述するが、いかりのつぼのトリガーとして一撃ウーラオスあんこくきょうだを誘いたい。しかし、対面からの場合は弱点を突けるインファイトを選択されることが予想され(特性も考慮して)、対面からの発動は不可能だと考えた。

 そこで、一撃ウーラオスからあんこくきょうだを引き出す手段として、日食ネクロズマ月食ネクロズマルギアといった強力な禁止伝説ポケモンを見せることでウーラオスを選出させ、実際に対面させることであんこくきょうだの選択を強制させる

 そのタイミングでケンタロスに引くことで攻撃を耐えつついかりのつぼを発動させることが可能で、S種族値はウーラオスよりも上なので前述のポケモンを通すうえで邪魔になるウーラオスの除去までできるといった理論である。

 

 ポイントとして(1)あんこくきょうだを耐えられる耐久力の確保と、(2)きあいのタスキケア(3)ふいうちケアの3点が挙げられる。

 (1)についてはケンタロスはBがそこそこ高いので、耐久力を確保するのは難しくはない。データを参照して様々なケースを想定し、陽気252振りの鉢巻あんこくきょうだまで確定で耐えられるようにHBを振る。

 (2)についてはゴツゴツメットを持たせることで被弾時に襷を削り、返しの攻撃でウーラオスを倒せるようにする。

 (3)についてはみがわりを採用することで対策とし、特化あんこくきょうだの被ダメ+みがわり1回分までHBを確保する。ダメージ量を見ればアイテムが分かるので、鉢巻ならみがわりを置く必要が無い。スカーフ以外のウーラオスケンタロスよりも遅いが、相手視点でふいうちで縛れているところを利用する。

 以上の条件を満たすケンタロスとして、以下の個体を育成した。

 努力値はH196(175)、B100(128)、S212(172)とした。

 Hを16n-1にしてできるだけ高く、HBを特化ウーラオスあんこくきょうだ(108~127ダメ)+みがわり(43)分のHPを確保できるように。陽気252振りの鉢巻あんこくきょうだ(145~172ダメ)まで確定耐え、特化鉢巻だと中乱数(91.4~108.0%ダメ)。Sは準速エースバーン抜き。

 コンセプトなので特性はいかりのつぼ、アイテムは前述の通りゴツゴツメット

 

★連撃ウーラオスじゃだめなの?

 使用率的には大差はないが、連撃の場合は雨が降っているとすいりゅうれんだの威力が上がるので計算違いが起きやすい。また、先制技が相手依存のふいうちではなくアクアジェットなので、受け出したケンタロスが出落ちする可能性を考慮して一撃をメタ対象とした。

 

実戦レポート

 解説する試合のパーティと選出。

 こちらの日食ネクロズマには黒馬バドレックス、悪打点はバンギラスドラピオンで足りているので選出されない、そもそも連撃の可能性があるがケンタロスを選出する。

 特に見どころが無いので序盤はカット。

 相手のドラピオンを処理して一撃ウーラオスが登場。このHP残量だとイベルタルやオーロンゲへの交代も考慮してインファイトを選択されるリスクがあるが、戦術を遂行するために迷わずケンタロスにスイッチ。

 あんこくきょうだを誘うことに成功した。

 ダメージ量的に鉢巻ではないことが確定。S31の暫定データだと一撃ウーラオスは襷が59.2%、鉢巻は28.7%という数字があるので、基本的には襷を想定している。

 少し前だと黒バドが襷を持っている可能性を考慮したが、最近はスカーフが主流なのであちらが襷を持たなければウーラオスが襷を持ちそうな並びではある。

 いかりのつぼが発動してA+6、ゴツメで相手のウーラオスにもダメージを与えることに成功。Sはスカーフではない限りケンタロスが上回っているため、ウーラオスを処理する準備が整った。

 戦術通りふいうちみがわりで躱すことに成功。

 ここで降参が選択されたので最後の1体が分からなかったが、ネクロ+ケンタロスを見て相手をするのが難しいポケモンだったか(イベルを見ているのでバンギとか?)。

 フルパワーになったケンタロスの破壊力を見ることができなかったのでもう一戦行い、戦術の再現性を確認する。

 解説する試合のパーティと選出。

 いろいろあって上手くいかず、より露骨に一撃ウーラオスを誘えるような編成にした。月食ネクロズマルギアで黒バドやイベルを誘ってしまうので特殊方面に厚いガオガエンバンギラスを並べ、これらにも通りの良い一撃ウーラオスをピンポイントで誘う。

 今回は禁伝無しのパーティとの試合を解説するが、なかなか一撃ウーラオス入りに遭遇できなかったので、どうか許してほしい。

 全体的に通りのよい月食ネクロズマ、トリル展開に見えるがスカーフだった場合のウオノラゴンケアでねばねばネットを撒けるクワガノンロトム+ウオノラで水が2枚なので一撃ウーラオスだと確信してケンタロス

 中盤まで見どころが無いので端折って説明すると、クレセリアひかりのかべトリックルームで水ロトム(チョッキ持ち、イカサマが打点)を展開、こちらの月食ネクロズマが厳しいのでDMを使用して応戦。ロトムを倒したところで一撃ウーラオスが満を持して登場。

 出し方的に襷の可能性、サイコフィールドでふいうちは使えないのであんこくきょうだが来る可能性が高く、DMターンを残しているが交代。

 理論は十分に説明したので結果だけ。

 いかりのつぼ発動後、前述の通りふいうちは使用不可、ねばねばネットを踏ませているのでスカーフでもケンタロスが早い。以上のことからみがわりを置く意味が無いのでインファイトを選択した。

 相手はDMを残しているので、クレセリアがDMした場合はできるだけターンを減らして再度月食ネクロズマを投げたい。そのためみがわりから入るとクレセリアつきのひかりでHPを最大まで回復した。

 負け筋を自ら引いたように思えたが、A+6ギガインパクトで耐久力に定評のあるクレセリアを一撃で倒すことができて正直驚いた。

 クレセリアゴツゴツメットを持っていたため、あんこくきょうだ+みがわりでHPがほとんど残っていないケンタロスも倒れてしまったが、こちらはクワガノン月食ネクロズマを残しているので試合に勝つことができた。

 さすがに無振りケンタロスのA+6ギガインパクトクレセリアを飛ばせるのはあり得ないと思い、相手がパーティを公開してくれていたので確認したらBは特化していてHもそこそこ割いている。

 それでも信じられないのでダメ計をしたら、HB特化クレセリア(227-189)に対し、A無振りケンタロス(120)の+6ギガインパクトは214~253ダメージで、高乱数寄りの中乱数だった。相手のクレセはHに振り切っていないので、確定圏内だった可能性がある。

 

反省点

 各種ネクロズマで一撃ウーラオスを誘い、ケンタロスで刺すことができるケンタズマ戦術は一定の手応えがあったが、一撃ウーラオスに弱いポケモンは大体黒バドやイベルにも弱いので、そのへんを考えるとケンタロスは対策としてピンポイントすぎるのが反省点か。鎧の孤島がリリースされた時点でできることを今さらやっているので新鮮味がないところも減点ポイント。

 「MAXパワー」と謳っているものの、本記事に登場するケンタロスは行動保証を設けるためにAには一切割いておらず、実はMAXパワーではない。ただ、無振りでも2戦目のクレセリアを飛ばせるだけのパワーがあるので侮れないポケモンだと思った。

 

おわりに

 明日は宝塚記念

 

 それでは今回はこのへんで。何かありましたらコメント欄かTwitterにお願いします。

 TwitterMなか (@Mnaka_udn0525) | Twitter

 アーカイブはこちら→【まとめ】ポケモン名別戦術記事一覧 - 受けルガチアンチ