受けルガチアンチ

ポケモンバトルにエンタメを

【ポケモン剣盾シングル】インチキバシャーモ

 

 どうも。

 今回はバシャーモに関する内容をレポートします。

★本日のおしながき

インチキバシャーモ

 突然だが、現環境のシングルバトルで人気の禁伝ポケモンを5匹くらい思い浮かべてほしい。これに関しては人によりけりだと思うが、大体一番最初にザシアンの名前が挙がると思う。次点で黒馬バドレックスイベルタル、そしてカイオーガがいるのではないかと考えている。

 あまりイメージは無いと思うが、実は筆者も普通に対戦するときはカイオーガをよく使う。ダブルバトルでも使うのでカイオーガの個体数が足りず、ケチなのでサブロムのシールド版のエキスパンションパスを購入していないため、メインロムでカイオーガをたくさん捕まえることができない。

 なので、過去のソフトを使って自己産のカイオーガを捕獲して剣盾に送るべくGBA版のサファイア版をプレーしていた。サファイア版を周回するときは最初にアチャモを貰い、カイナシティ周辺でラクライを捕まえ、バシャーモライボルトだけで攻略して終盤にカイオーガを加えるのがパターンとなっていて、残りは「ものひろい」で貢献してくれるジグザグマで埋めている。

 初出のものひろいはなかなかにぶっ壊れていて、低レベルでも最後まで使えるアイテムを効率よく集めてくれるほか、低確率でおうじゃのしるしも拾ってくる。1%程度だが意外と集まるので、最終的には手持ちの2~3体に持たせていることもよくある。

 サファイア版の周回作業をしていてなんとなく「このバシャーモ、ランクマで使っても強いんじゃないか?」という単体戦術があったので早速輸入した。以下のバシャーモを見てほしい。

f:id:mnk-udn-2005:20220331173619j:plain

f:id:mnk-udn-2005:20220331173627j:plain

f:id:mnk-udn-2005:20220331173635j:plain

 周回で使っていたバシャーモとほぼ同じ形で再現した。

 努力値はシンプルにAS、きあいだめと合わせて確定急所になるブレイズキック50%急所と10%怯みを2度抽選できるにどげりを採用している。みがわりの枠は周回時はがんせきふうじだったりじしんだったりするが、流し際にみがわり→きあいだめなどの流れを作りたいのでここだけ変更した。

 「インチキバシャーモ」というと、第5世代でかそくが解禁されたときに改造個体を使用して炎上した生主みたいでバツが悪いが、急所と怯みを狙う運否天賦に頼ったバシャーモのことである。

 今回は戦術やコンボではなく単体で完結するポケモンなのでこれ以上説明することはない。

 

実戦レポート

f:id:mnk-udn-2005:20220331175005j:plain

 世代を重ねるごとに攻撃側も守備側も数値がインフレしていき、今は禁伝ポケモンもランクマに参加する時代なので、いくらバシャーモといえど数値が足りない。何はともあれきあいだめを使うことで50%の確率で急所(技の威力*1.5)に当たるように準備したい。

 バシャーモは初速を確保するのにまもるを採用されることが多いが、みがわりの採用はあまり多くない。ゆえに読まれることは少ないと思うので、自分より遅いあくびでんじはから展開してくるポケモンに合わせて出したい。

f:id:mnk-udn-2005:20220331175535j:plain

 ブレイズキックは技の効果として急所ランク+1が備わっており、きあいだめで急所ランクを+2にすれば合計+3で確定急所となる

 基礎威力が85なので、85*1.5*1.5で威力191の技として扱うことができる。これはバシャーモが扱える物理炎最大打点のフレアドライブ(120*1.5=180)よりも僅かに上回る。ただし、ブレイズキックの場合は命中率が90%と若干安定性を欠く。フレアドライブの33%反動を嫌うのか、10%の外しを嫌うのかは様々な要因が考えられるので一概にどっちとは言いにくいところ。

f:id:mnk-udn-2005:20220331180039j:plain

f:id:mnk-udn-2005:20220331180232j:plain

 おうじゃのしるしを持たせてにどげりを使用すると、10%怯みを2度抽選できるので19%(大体2割)の確率で相手を怯ませることができる。おうじゃのしるし+スキルリンクによる連続攻撃が41%なので、それと比較してやる意味があるかは各々が判断してほしい。

f:id:mnk-udn-2005:20220331180635j:plain

f:id:mnk-udn-2005:20220331180443j:plain

 きあいだめは重ね掛けできないのでどれだけ頑張っても1.5倍が限度で、それならつるぎのまいの方が効率的であるとの見方もあるが、きあいだめ型の真骨頂はここにある。

 あまえるダイドラグーンによるAダウンや、相手のB上昇やリフレクターなどのダメージを軽減する要素を無視することができる

f:id:mnk-udn-2005:20220331180659j:plain

 晴れ+タイプ一致+急所のブレイズキックを弱点のはずなのに耐えられてしまった衝撃的なシーンはこちら。

 大雑把にダメ計をすると、前述の条件でA252バシャーモブレイズキック無振り白馬バドレックス(175-170)に対して83.4~93.4%ダメージで、急所時は124.6~148.6%となるので耐久振りが確定している。じゃくてんほけんを持っていたので対ザシアンを考えてHBベースであることが伺える。

 では、今度はHB特化と仮定して計算すると白馬バドレックス(207-222)に対して55.1~64.7%ダメージで、急所時は81.2~96.6%ダメージとなり確定で耐えられてしまう。特化した白馬バドレックスは陽気ザシアンのきょじゅうざんなら確定、意地ザシアンでも62.5%で耐えられる耐久力を持っているので、バシャーモ程度なら屁でもないということか。

f:id:mnk-udn-2005:20220331181452j:plain

 謎のアイテムを奪われてしまい、気まずくなった瞬間。

 

おわりに

 バシャーモについて、案の定そこまで強くなかったです。火力は無いし、そこまでミラクルを起こしたわけでもないので、面白いけれど期待値は低いので過度な期待はよくないなと。

 次回の更新について、S28のネタがあと2~3あるんですが先にシーズンまとめ記事を出すか、一旦S28のものを全部出しておくか考えています。なんやかんやでいろいろな実験をしたので、何かしらお届けできることは間違いないです。

※エイプリルフールが過ぎたので4/1にちなんだ内容は誤解を招かぬよう当初の予定通り削除しておきました。

 

 それでは今回はこのへんで。何かありましたらTwitterかコメント欄にお願いします。

 Twitterhttps://twitter.com/Mnaka_udn0525

 アーカイブはこちら→【まとめ】ポケモン名別戦術記事一覧 - 受けルガチアンチ