受けルガチアンチ

ポケモンバトルにエンタメを

【ポケモン剣盾】セイムビート開幕直前 環境最強のポケモンはエースバーン?

 

 どうも。

 直近の参加したプレ大会のことなども少し書いておこうと思うので、よければ参考程度に活用してください。

f:id:mnk-udn-2005:20210611010027p:plain

★本日のおしながき

オニゴーリ、お前もう船降りろ

 6/15のプレ大会(GameWithさん主催)は、パーティを考えるのが面倒だったので前日のプレ大会(同主催)と同じパーティで参加し、スカーフを持ったウオノラゴンが重かったので適当にエルフーンを入れた。よく見ると使ったエルフーンはHDベースだったので、適当にもほどがある。あと、技の並びも汚い。攻撃技は一致技から順に入れて次に補助技、メロメロは一番下に配置するのがきれいだと個人的に思う。

f:id:mnk-udn-2005:20210617142801j:plain

 で、これが思いのほか勝てた。大体ドラパルトA(壁の方)とエースバーンを出していれば勝てることに気が付き、そもそもオニゴーリがいらないのではないかという疑念が、試合を重ねるごとに自分のなかで強くなっていく。

 ドラパルトB(竜舞の方)とヘラクロスが残りの1枠に入り、インテレオンも微妙な立ち位置だが、間違いなくオニゴーリを出すより強いことが判明。

f:id:mnk-udn-2005:20210617145905j:plain

 メロメロが上振れた説はあるが、この結果を見るにこっちのパーティの方が本戦でも戦えそうな気がする。オニゴーリ、お前もう船降りろ。

集いし最速のナンパ師たち

 6/16のプレ大会(GameWithさん主催)にギリギリ滑り込むことができたので、本戦用の調整というより、試しておきたいことを試しておいた。

f:id:mnk-udn-2005:20210617150535j:plain

 先発アギルダーで毒菱を撒き、画像中段のドラパルト二体で定数ダメージを稼いで戦う、大好きな戦術をふたつ合わせた毒菱メロメロドラパルト構築なんですが。

 戦術が刺さることは刺さるも、試合時間が足りなくて3度のTOD負けを喫しました。仕方ないことなんですが、戦術的にこちらが完全優位、相手は崩す方法がない状態でTODに逃げられるのは本当に悔しい。だから、これはもう使わないかな。

 持ち合わせのドラパルトを詰め込んだだけなのでジェンダーバランスが悪く、メスのドラパルトが一体しか入っていないので、メロメロ構築としてはバランスが悪い

 ちなみに1勝7敗という大敗を喫しました(しかも1勝は回線切れ)。

セイムビート環境最強のポケモン

f:id:mnk-udn-2005:20210617151134p:plain

 恐らく、この環境で最強のメロメロ使いはエースバーン(メスに限る)であることは間違いないと思う。これは揺るぎない答えだと思うので、特別に伝授します。 

 なぜメスのエースバーンが強いのかというと、プレ大会でも相変わらず人気のエースバーン、サンダーがいなくなって動きやすくなり復権したトゲキッスは性別比が87.5%でオスなので、使用率が高く、性別の傾向も読みやすいポケモンを起点にする能力に秀でている。

 また、セイムビート環境でメロメロを使う上で天敵となるポリゴン2ジバコイルといったポケモンを呼びにくいという点や、人気のピクシーをキョダイカキュウで特性を無効化しつつ削れるという、対無性別ポケモンやマークしなければいけないポケモンに強い点が評価できる。

 

 上記の通り、メロメロ構築でポリゴン2ジバコイルといったポケモンの処理ルートを設けるのが難しく、エースバーンとヘラクロスを両方採用していても選出されるので、やはり愛のストライカー・エースバーンが上位進出のカギを握っていると信じている。

 

人気の傾向 

 日ごとに参加者の数はばらつくので不確かではあるけれどエースバーン、ポリゴン2トゲキッスの人気はすさまじい。この第一集団を追う形としてドラパルト、カバルドンジバコイルミミッキュカイリューなど。アイテムも重複できるので単品でも使いやすいウオノラゴン、ドリュウズも人気。最低でもこの10体は対策しなければいけないポケモンだと思う。

 あとは初手でダイマを切って荒らして、起点を作ってからピクシーやランクルスバタフリーといったポケモンで嵌めてくるパターンも一定数いた。尻尾トリックを喰らわない、補助技を使えないようにするといった対策を怠ると死ぬ。

 

 なんにせよ、メロメロ構築の場合は無性別ポケモンの対策さえしておけば、大抵のポケモンに対してメロメロからの運ゲーを仕掛けられるので、有利不利があまり関係ないところが強みともいえる。

 

おまけ

 プレ大会中のなんてことない一コマたち。

f:id:mnk-udn-2005:20210617012857j:plain

 メロメロ構築なので、無性別ポケモン6体には機能しない。

 ドラパAで壁貼ってドラパBで積めば抜けそうだったが、メロメロを使わなければエンタメが成立しないので初手降参安定。

f:id:mnk-udn-2005:20210617013042j:plain

 晒す意図はないんですが、メロメロの強いところは連続で行動不能を引いた相手が戦意を喪失し、いとも容易く回線が切れてしまうことがある点。

 こっちが不利で、このままやっても負けそうなときも回線を切ってもらえば勝ててしまうので、ポケモンポケモンというよりプレイヤー対プレイヤーの面で、非常に有効な精神攻撃手段となることが判明した

 逆にこちら側の諦めもものすごく速くて、メロメロが通らないことが分かると早い段階で降参することが多いです。すべてメロメロ前提で動くので。

 

おわりに

 余談をひとつ。 

 最近ネットで「白夜なんとか」ってゲームの広告を見かけるんですが、東野 圭吾先生の「白夜行」という作品を読んだことはありますか。あの作品が大好きでして。

 中学校の頃、ガチで周りに馴染めずに休み時間は図書室に通って、結構長いあの作品をチマチマ読んだんですが。件の「白夜~」の広告を見て久々に読み返したいなと。

 あの作品の良さは「亮司」「雪穂」「笹垣」の3人の視点で作品が楽しめることであり、最低でも3周はできるところ。2周目以降読み返して、断片的だった部分がつながるとゾッとする部分もある。

 個人的にラストは作者が解説したがるものより余白のあるもの、ハッピーエンドよりバッドエンドが好きなので、どこか空虚な作品のラストも好きです。

 

 高校に入ってからは陽キャに転生したんですが、通っていた学校の図書室は漫画とか文芸春秋の週刊誌が置いていて、バガボンドとかスポーツ誌のNumberを読むのに足しげく通いましたね。

 中学のときは1週間丸ごと休むとかよくあったし、もこう先生よろしく、校長室で一人卒業式をする手前までいきました。あの頃は歴史ものにハマっていて、父が司馬 遼太郎先生の「竜馬がゆく」を全巻買ってくれて、学校休んで読んでいましたね。

 白夜行、読んでみてください。結構長い作品なんですが、面白いのでサクサク読めると思います。映像作品もありますが、全然尺が足りていないので、できれば原作を読む方がいいですね。

 

 本戦前の更新は今日が最後なので、調整の場を設けてくれた方々にこの場を借りて感謝申し上げます。ありがとうございました。今日も最後のプレ大会に参加する予定ですので、よろしくお願いします。

 

 今回はこのへんで。明日からのセイムビート本番、楽しい対戦をしましょう。上位を狙う方は頑張ってください。僕は低見の見物をさせてもらいます。

 何かありましたらコメント欄かTwitterにお願いします。

 TwitterMなか (@Mnaka_udn0525) | Twitter